ホーム > 事業案内 > 3つのコア事業に関して

3つのコア事業に関して


ITインフラ流通事業
代表取締役社長 社長執行役員(ダイワボウ情報システム株式会社 取締役社長)野上義博

顧客第一主義・地域密着営業を念頭に、IT流通に関するサプライチェーン全体への貢献を果たし、さらなる事業拡大を目指します。

当期におけるIT市場は、国内企業の堅調な企業収益を背景に、需要は緩やかな回復基調で推移しました。本年度においては、僅かながら市場のプラス成長が予想されており、一定のIT投資の需要が見込まれます。

このような状況のなかで、当事業においては「顧客第一主義・地域密着」を軸に、IT流通に関するサプライチェーン全体への貢献を果たし、IT市場における需要の深耕を図ってまいります。また、継続して、スマートフォン・タブレットを含めたパソコン等端末の販売やネットワーク機器・仮想化ソフトウェア・ストレージ・ネットワークカメラなどの高度化商材に注力しつつ、通信やクラウド、サブスクリプション型ビジネス、文教市場など、成長が見込まれる分野への取り組みを強化することで、さらなる事業拡大を目指してまいります。

今後とも、ローコストオペレーションを徹底して効率化を推進しつつ、持続的な成長と安定的な収益を確保できる体制を確立し、さらなる成長へと邁進するとともに、情報化社会の発展へ貢献してまいります。




繊維事業
代表取締役 副社長執行役員(大和紡績株式会社 取締役社長)北 孝一

グローバルアライアンスの構築により、 競争優位性・新たな市場開拓・実行スピードの向上に努め、事業拡充を図ります。

当期における繊維事業は、海外生産拠点の再編などの事業構造改革を推し進め、成長分野に経営資源を集中させるなど収益性向上を図り、総じて好調に推移しました。

本年度は、合繊部門では旺盛な衛生材・建材分野の需要に対応するため、国内工場の生産ライン増強とアライアンス戦略を進めるとともに、インドネシアの生産拠点を活用しアジア地域での事業拡大に取り組んでまいります。また、レーヨン部門では、高付加価値素材の開発強化やグループ協業による川下戦略の拡充を図り、事業領域の拡大に努めてまいります。さらに機能資材部門では、顧客ニーズに適合した販売・商品開発体制の確立ならびに国内外の生産・販売拠点との連携により、アセアン地区における地産地消ビジネスの拡大に注力してまいります。一方、衣料製品部門では、グループ協業や産学連携による機能性素材の開発・販売を進めると同時に、大和紡績香港有限公司を軸とした海外販売を収益基盤として、事業拡大を推し進めてまいります。




産業機械事業
取締役専務執行役員 産業機械事業統括 (株式会社オーエム製作所 取締役社長) 佐脇 祐二

顧客ニーズの創造とソリューションビジネスの深耕を図り、グローバル展開は北米市場へ積極的に取り組みます。

当期における産業機械事業は、工作機械部門の航空機・鉄道分野や自動機械部門は堅調に推移しましたが、海外経済の不安感を背景とした設備投資への慎重な姿勢から全体では販売が減少しました。

本年度は、工作機械部門では成長の見込まれる米国へ経営資源を積極的に投資し、米国販売子会社の業容拡大に努めてまいります。また、主力の長岡工場では品質・コスト・納期の改善を推進するとともに、恒温室や3次元測定機を導入し製品の付加価値を高め、顧客ニーズの創造とソリューションビジネスの深耕を図ってまいります。さらにグローバル展開の加速に向け、国内外の展示会に積極的に出展するなど、オーエムブランドの浸透を図り、米国を重点市場と捉え積極的に販売拡大に取り組んでまいります。一方、自動機械部門では、事業基盤を固め、国内の投資意欲が旺盛な医薬品・食品・製菓の各分野や中国の医薬品市場への拡販に努めてまいります。また、新たな製品開発をグループ企業とともに推進してまいります。



このページの先頭へ