ホーム > 事業案内 > 3つのコア事業に関して

3つのコア事業に関して


ITインフラ流通事業
代表取締役社長 社長執行役員(ダイワボウ情報システム株式会社 取締役社長)野上義博

顧客第一主義・地域密着営業を基本方針として、成長分野へも積極的に挑戦し、さらなる事業拡大を目指します。

当期におけるIT市場は、国内企業の堅調な企業収益を背景に、需要は底堅く推移しました。本年度においても、引き続きプラス成長が見込まれており、IT投資への需要増が見込まれます。

このような状況のなか、当事業においては「顧客第一主義・地域密着」の販売基本方針を引き続き推し進めるとともに、ビジネスパートナーとの協業体制を強化し、IT市場における需要の深耕を図ってまいります。また、パソコン・タブレット・スマートフォンなどの端末やネットワーク機器・仮想化ソフトウェア・ストレージ・ネットワークカメラなどの高度化商材の販売に注力するとともに、急速に成長するクラウド市場に対応するため、サブスクリプション型ビジネスへの取組みを強化してまいります。
あわせて、市場拡大が期待できる文教分野への取組みを強化し、より一層の事業拡大を目指してまいります。

今後もローコストオペレーションを徹底し、効率化を推進しつつ、持続的な成長と安定的な収益を確保できる体制を確立し、さらなる成長に向けて邁進するとともに、情報化社会の発展に貢献してまいります。




繊維事業
代表取締役 副社長執行役員(大和紡績株式会社 取締役社長)北 孝一

海外拠点との連携によるグローバル展開や高付加価値・差別化・機能商品の拡販による事業領域の拡充を図ります。

当期における繊維事業は、成長するアジア市場に向けて国内生産設備の増強を進める一方、積極的な開発素材の投入と産学連携による機能性素材の開発と拡販に取組み、収益基盤の一段の強化を図りました。

本年度は、合繊部門では中国をはじめとするアジアにおける衛生材料やコスメ関連の旺盛な需要に対応するため、国内生産体制の強化と高付加価値商品の展開に加え、インドネシア生産拠点と香港販売拠点の連携を図ってまいります。また、レーヨン部門では、需要が増大する不織布用途に向けた機能性・差別化原綿の販売強化と川下戦略の推進による海外市場での製品事業の展開を促進してまいります。さらに、産業資材部門では、東京オリンピック開催を見据え、膜材やシートなどを中心とした開発商材の拡販に注力するとともに、フィルター分野をはじめとした戦略商品の市場開拓の加速とアセアン地区における地産地消ビジネスの拡大を進めてまいります。一方、衣料製品部門では、機能素材を中心とした独自商材の商品化を促進し、開発提案型の営業強化により国内外への販売拡大を目指すとともに、ファイバー戦略を基軸とした開発機能剤の投入など新たな事業領域を創出してまいります。




産業機械事業
取締役専務執行役員 産業機械事業統括 (株式会社オーエム製作所 取締役社長) 佐脇 祐二

顧客ニーズへ応えるため、ソリューションビジネスの展開とサービス拡充に取組み、海外販売戦略を実行します。

当期における産業機械事業は、工作機械部門では活況な航空機・鉄道分野を中心に、自動機械部門では省人化対策などにより、受注環境はそれぞれ堅調に推移しました。

本年度は、工作機械部門では恒温室や3次元測定機より得られる加工データを活用した提案を、自動機械部門ではロボットの有効活用による効率化の提案により、各々ソリューションビジネスの確立を図ります。また、顧客満足度を高めるため、国内外においてサービス業務の強化に努めてまいります。

グローバル展開につきましては、オーエムブランドの浸透をより一層図ることを目的とし、米国では現地ディーラーと協力体制のもと、展示会への出展も行い、米国販売子会社の業容拡大に努めます。また、中国では、サービス体制を拡充しながら、高付加価値の機械で市場の評価を得られる体系を構築し、事業の拡大を図ります。

さらに、新たな製品開発においては、ダイワボウグループと共にIoTを活用した高付加価値化を推進してまいります。

このページの先頭へ