環境基本理念

私たちダイワボウグループは、「人にやさしく、地球にやさしい」企業活動により、健康で文化的な生活に不可欠な、地球環境の保全に努めます。

事業活動における環境負荷の低減

(主な活動内容)

■ 輸配送の効率化

■ 低公害車の導入

■ 生産現場における3R推進

■ 生産プロセスにおける環境配慮

環境に配慮した商品開発

(主な活動内容)

 生分解性素材の開発

 人にやさしく、地球にやさしい繊維開発

 環境・省エネ対策への取り組み

 

■ ITインフラ流通事業 
 繊維事業
 産業機械事業

事業活動における環境負荷の低減

輸配送の効率化

ダイワボウ情報システム(DIS)グループは、お客様より発注いただいた商品の出荷に際し、先進の物流センター機能と在庫管理システムによって即納体制と輸配送の効率化を両立させ、出荷の荷口を集約して運送便の数を減らすことによって、運送に係る燃料の消費及び排気ガスの低減を実施しております。

詳細は下記のページをご参照ください。

ダイワボウ情報システム 環境・社会活動

大和紡績は、環境負荷を低減するための物流業務の取り組みとして、鉄道輸送へのシフト、バルクコンテナの活用、トラック最大積載量の追求に注力しております。
カンボウプラスは、地球温暖化防止への取り組みとして、営業との協力でお客様へのJRコンテナの利用を推進しております。

詳細は下記のページをご参照ください。
大和紡績 ESG経営方針
カンボウプラス CSR報告書

低公害車の導入

ダイワボウ情報システム(DIS)グループは、営業車両にはできる限り環境負荷の低い車両を導入するよう推進しています。2018年度では、営業車両145台全てを低公害車に切り替えており、そのうちハイブリッド車両は89台と全車両の約61%を占めています。今後も、ハイブリット車両の導入に努めてまいります。

詳細は下記のページをご参照ください。

ダイワボウ情報システム 環境・社会活動

生産プロセスにおける環境配慮

大和紡績は、強アルカリである苛性ソーダを使用しない染色加工プロセス「PH-S工法」(仮称:特許出願中)の実用化に向けた開発を進めております。本プロセスでは薬剤や水の使用量の削減が見込まれ、環境負荷の軽減と繊維の吸水性や汚れのリリース性が向上するとともに、風合いを損なわないことが期待できます。綿などのセルロース系繊維を含む素材の加工に「PH-S工法」を取り入れることを目指します。

表皮にワックス・ペクチン・タンパク質などの夾雑物が存在

苛性ソーダで夾雑物を除去

夾雑物を特殊技術で除去

環境に配慮した商品開発

生分解性素材の開発

海洋生分解性レーヨン繊維「e:CORONA™(エコロナ)」

高い生分解性を持つことが試験により確認され、自然由来で土中・海水中でも生分解する環境にやさしい素材です。安全性が高く人にやさしい素材として、安心してさまざまな用途に使用していただけます。トイレに流せるウエットティッシュや食品包材などの用途で実績があり、他アイテムへの展開を進めております。

詳細は下記のページをご参照ください。
「e:CORONA(エコロナ)™」の海洋生分解性について
ダイワボウレーヨン ホームペ-ジ

生分解性熱接着複合繊維「miracle®fiberKK-PL(ミラクル®ファイバーKK-PL)」

植物由来生分解性成分75%で構成された熱接着性複合繊維。土中に埋めておくだけで、繊維自身が自然に分解する素材です。

ミラクル®ファイバーKK-PLは、鞘成分であるPBS(ポリブチレンサクシネート)の分解が見られます。(電子顕微鏡写真参照)

詳細は下記のページをご参照ください。

大和紡績 「ミラクルファイバーKK-PL」

人にやさしく、地球にやさしい繊維開発の取り組み

大和紡績「エコフレンドプロジェクト」

大和紡績では、2008年から「エコフレンドプロジェクト」に立ち上げ、環境配慮型商品の拡充とともに、健康や衛生に関する商品についても開発を進めております。持続可能な社会の実現のために、大和紡績グループは環境に配慮した製品開発・販売などの事業活動において、SDGsの活動を通じて環境課題に取り組んでまいります。

詳細は下記のページをご参照ください。
 大和紡績 ホームページ

ダイワボウレーヨンの「Recovis™(リコビス)」は、複数の企業や研究機関と連携し、使用済み綿製品衣料や裁断くずなど廃棄綿を原料に再利用して生産することに成功したレーヨン繊維です。コットンの古着からセルロースを分解し、ビスコース法による新たなセルロース繊維を紡糸し、真新しいニットドレスを作りました。さらに衣料製品の多くを占めるポリエステル/綿混の端材や古着からセルロースを取り出し繊維化させる取り組みにも参画しています。

関連情報は下記ページをご参照ください。

ダイワボウレーヨン

「SDGs Week エコプロ2019」に出展しました

環境・省エネ対策への取り組み

ダイワボウ情報システムは、2008年度から「グリーンIT」キャンペーンを展開しています。「グリーンIT」は、ディストリビュータとして各種の省電力機器・ソフト・サプライ商品などのエコロジー商品の販売促進と利用提案を行うことで、二酸化炭素排出量の削減を推進し、環境保護に貢献するものです。

詳細は下記のページをご参照ください。
ダイワボウ情報システム「グリーンITへの取り組み」

オーエム製作所は、お客様の「欲しい」を形に、人にやさしく、環境にやさしい製品の開発、製造、販売を行っています。
RT-915及びNeoα-EXシリーズでは、省エネ機能標準装備、油圧ユニットレス化、サーボモーターの小型化により総電源容量の低減を実現するなど、製品を通じて環境社会の貢献に努めています。

 

詳細は下記のページをご参照ください。
 オーエム製作所 ホームページ