ダイワボウグループの
CSR

長い社歴を有する当社グループは、これまで激しい経済環境の変化に対して、たゆまぬ変革を繰り返してまいりました。そのため、社会や環境と調和した企業活動を行うことが、極めて重要であると認識し、CSRを事業活動の重要テーマと位置づけて取り組んでおります。

  1. 環境経営を目指して
    環境問題は地球的な優先テーマであり、産業界にも大きな変革を促すテーマとなっています。 当社グループは「人にやさしく、地球にやさしい」企業活動により、健康で文化的な生活に不可欠な、地球環境の保全に努めます。 当社グループにとって環境活動は、最終的には事業活動の強化につながるものであると考えており、温暖化ガス排出量の削減、資源の有効活用、環境配慮商品の開発、化学物質の安全管理など環境負荷低減活動に取り組んでいます。また、お客様の環境活動をサポートするグリーンITによって環境経営をさらに深化させ、地球環境の保全に努めるとともに、成長し続ける企業を目指します。
     
  2. 社会に対して責任をもつ
    当社グループは、従来から社会的責任を経営の重要なテーマと捉え、グループをあげて取り組んでまいりました。 そして、その事業活動をとおして社会から多くのことを学びました。これからもより広く社会と関わり、社会との共存を重視し、よき企業市民として、高い倫理観をもって健全な経営を行います。
     
  3. たしかなものをまごころこめて
    当社グループは、従来からお客様の立場にたった物づくりやサービスの提供に努めています。そのために、お客様の期待に応えていけるように「ものづくり力」の確立を図り、商品・サービスの特性を考慮しながら、すべての工程で品質の向上や安全の確保への取り組みを強化し、加えてスピードとコストを含めた総合力を向上させる経営を行います。

ESGに関する基本的な考え方

ダイワボウグループは、基本姿勢、存在意義、価値観を表明した「グループ経営理念」、「グループ企業行動憲章」を制定しており、ESGに関する考えもこれらの中に含まれています。グループとして全てのステークホルダーの皆様とともに、【地球環境】との調和を図りながら、豊かなより良い【人間社会】を築くことが私たちの使命です。 私たちはグループ経営理念、企業行動憲章のもと、【お客様第一】を経営の根幹に、環境(Environment)・社会(Society)・ガバナンス(Governance)(以下「ESG」といいます。)への配慮が企業価値向上に資するものと考え、ESG活動を「サステナビリティ・アクション」としてグループ全社において持続的な成長を遂げるため取り組んでまいります。

 

ESGとサステナビリティ・アクション

 

事業を通じた社会課題解決への貢献機会

ITインフラ流通事業

  • 全国の営業拠点網によるIT化推進の取り組み
  • 教育の情報化に向けた取り組み
  • サブスクリプション管理ポータル iKAZUCHI(雷)での新たなビジネス共創の場の提供

繊維事業

  • 生分解性繊維など環境負荷低減に貢献する商品開発
  • カセイソーダ不使用の染色加工技術など水使用量の削減、環境負荷低減のプロセス開発

産業機械事業

  • 航空機エンジンやエネルギー分野向けなどの部品、鉄道車輪メンテナンス用の工作機械を通じてモノづくりの技術と品質を提供

 

取り組み